加来 耕三(かく・こうぞう)

加来 耕三
歴史家・作家

1958年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業。奈良大学文学部研究員を経て、大学・企業の講師を務めながら著作活動を行う。著書に『幕末維新 まさかの深層―明治維新一五〇年は日本を救ったのか』(さくら舎)、『日本史に学ぶ一流の気くばり』〔クロスメディア・パブリッシング(インプレス)〕など。テレビ・ラジオ等の番組監修も多数。

  • facebook
  • twitter
  • hatena