新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、全国のパチンコ店に休業要請が出たことにより、ほとんどのパチンコ店は営業を自粛することとなった。しかし、極一部のパチンコ店は休業要請に応じることなく営業を続行し、それに対して東京都では葛飾区議会議員が営業店舗に乗り込み抗議活動を行ったことや、大阪府では休業要請に応じなかったパチンコ店を名指しで批判したことは記憶に新しい。

パチスロで「勝つ」方法とは

そんなパチンコ店営業自粛の風潮に対して、「今回の新型コロナの影響は東日本大震災のとき以上に命の危機を感じた」と佐藤保氏(36歳・仮名)は語る。そんな佐藤氏の職業はパチンコ店で勝つことにより生計を立てる“パチプロ”だ。20歳で大学を中退して以来、パチスロの収益のみで生計を立てている。

ギャンブルはトータルで見れば負けると言われているが、果たして勝ち続けることはできるのだろうか。それについて佐藤氏は「考えなしで打っている人が言っているだけですよ」と反論する。

パチスロで「勝つ」方法とは

佐藤氏によれば、パチスロはその台を打った際にどれだけのリターンが得られるのかがあらかじめ決まっているという。この数字は「機械割」と呼ばれており、パチンコ店に置いてあるパチスロは、おおむね95%~119%の幅となっている。機械割が110%であれば、1000円の投資に対して1100円のリターンが見込める。そのため、機械割が100%を超えていれば「客が勝てる台」と言って差し支えないだろう。

パチンコ店はこの機械割を1~6までの設定でコントロールしており、設定が6に近いほど、機械割が良くなり、大当たりを引く可能性が高くなる。

「パチスロ機によって機械割は違いますが、期待収支は簡単に出すことができます」(佐藤氏)

現在パチンコ店に設置されている多くのパチスロは1回転させるために3枚のメダルが必要だ。メダルのレートは1枚20円が主流のため、1ゲームにつき60円の投資となる。パチスロ機を1日1万回転回せば、約60万円の投資。これに機械割をかけることにより、その日の期待収支が算出される。機械割97%であれば、期待値約1万8,000円のマイナス。逆に機械割が119%であれば期待値約11万4,000円のプラスとなる。

「この機械割は設定だけではなく、打ち方などによっても上下します。当然、機械割が100%を超える台を打てば、その分だけプラスになりますから、設定をうまく推測するのがパチプロの仕事といえるでしょうね」

これを佐藤氏は毎日繰り返して来たのだ。