夜も眠れないような困難に直面したとき、「名トップ」と呼ばれる人たちは、なにを考え、どう動いてきたのか。「プレジデント」(2017年3月20日号)では、エステー、大和ハウス工業のトップに、場面別の対処法を聞いた。第5回は「時代の流れについていけない」について――。
QUESTION
時代の流れについていけない
エステー・鈴木 喬 会長の答え
面白いことを求め続けていれば、知らないうちに時代の最先端に

2カ月に1回は、海外に飛んで研究

IT技術なんかは一番そう感じますね。人にも教わるんだけどね。1度できても2度とできない(笑)。

写真=iStock.com/metamorworks

私は負けるのが嫌なんです。何でもナンバーワンにならないと気が済まない。だから自分ができないのは悔しいけれど、それで時代の速さについていけないとは思わない。時代の変化や経営環境の移り変わりについては、いろいろな本を読んで先読みします。トランプ大統領の誕生で世界はどうなるとか、中国ロシアとドイツが接近すると怖いなとか。おっちょこちょいだからつい先のことを考えちゃうんですよ。

2016年からは1カ月おきに海外に行ってます。たとえば6月にはフランスの土を研究しにいきました。消臭芳香剤の分野はいずれアロマテラピーや天然香料の方向に向かっていく。フランスはアロマ先進国で、子供の夜泣きや腹痛を治すときにアロマを使う。ラベンダーが盛りの時期にフランスに行って土や花の状態、アロマの精製場から流通、小売りの状況までつぶさに見てきました。これが商売のタネになるかといえば、先取りしすぎてうまくいかないことが多いんですけどね(笑)。