巨大「仮想通貨」の死角

SNS(交流サイト)世界最大手のフェイスブックが2020年から仮想通貨(暗号資産)を用いた金融サービスを始める。リブラという独自の仮想通貨をスマートフォンのアプリで送金したり、買い物の支払いに充てたりできるという。仮想通貨といえば、ビットコインのように交換レートが乱高下するイメージが強い。だが、「リブラはドルやユーロといった複数の法定通貨の組み合わせと連動する仕組みで、交換レートが安定的」(マネックス仮想通貨研究所の大槻奈那所長)という。

フェイスブック利用者は世界に27億人。一気に普及が進むか。(AFLO=写真)

国境を越えてやりとりすることも可能と見られ、実現すれば従来の海外送金よりも低コストで日数も要しないだろう。フェイスブックの利用者は世界で27億人に上るといわれ、銀行に代わる送金・決済プラットフォームとして一気に普及が進む可能性がある。マスターカードやビザ、ペイパルなどの世界大手決済サービスも同プロジェクトに参加する。

ただ、「マネーロンダリング(資金洗浄)に悪用される恐れもあり、各国政府は容認について慎重にならざるをえない」(大槻氏)。また、ブロックチェーン(分散型台帳)技術によって記録改ざんは困難とされるが、ハッキングなどによる情報漏洩が心配だ。フェイスブックでは過去にその問題が発生しており、各国政府が厳しい対策を迫る可能性もある。

▼編集部おすすめの関連記事
"泥臭い営業"が不要になるITツールの驚異
(写真=AFLO)