口臭の発生源はなんと唾液!

普段、自分は健康だと思っていても、しばしば体調を崩したときや仕事を頑張りすぎたときに「自分の息が臭いな」と思った経験がある人も多いのではないでしょうか。

口臭には、健康な人も起こす「生理的口臭」(起床時口臭、空腹時口臭、緊張時口臭、飲食後の口臭など)と、病気の症状として常に相手を不快にする「病的口臭」があります。実はその両方をほとんどの人が持っています。

病気でなくても口臭は発生する!口臭には2種類ある

口臭を調べると、その人の生活を知ることができます。口臭というのは、口からはじまり口で終わる、その人の体の状態や生活の営みの結果であるとも言えるのです。

近年発表された「口臭白書2019」では、国民の90%の人が口臭を気にしているという結果が出ています。

さて、みなさんが気にしている口臭(ガス)は一体どこから発生するのでしょうか?

歯だと思う人は「歯磨き」、舌だと思う人は「舌磨き」をされると思います。ですが実は、口臭というものは「唾液」から直接的に発生しています。ガスは、液体から揮発するからです。