ラブホテル評論家である私のもとには「新型コロナの影響でラブホテルも閑古鳥なのか」「逆にみんな行くところがなくて賑わっていると聞いた」など、様々なメディアから問い合わせが入る。その返答をここプレジデントでさせていただこうと思う。
ラブホテル
著者撮影

関西圏のラブホテルがコロナで苦しんでいるワケ

毎年春になると京都のラブホテルでは、桜を愛でる外国人観光客で溢れかえり、予約が取りにくくなる。これまでインバウンド需要で深刻な宿不足が叫ばれていた関西圏はとくに、ラブホテルが観光客を取り込もうとする動きが強かった。ブッキングドットコムやアゴダといった世界的なホテル予約サイトに掲載し、手堅く訪日外国人を取り込む。それだけではなく、ホームページを多言語対応にし、フロントに外国語を話せるスタッフを配置するなど、東京五輪や大阪万博に向け、勝ち組になるべく生き残りをかけて大きく舵を切っていたホテルは実際多い。

それは、例えばアゴダで東京のラブホテルの掲載数が約1万8000軒なのに対し、大阪で約1万7000軒、京都で約7400軒という数字からもわかる。

あまり知られていないが、ブッキングドットコムでもアゴダでも「ラブホテル」で検索すると、「大人専用」としてヒットする。「大人専用」のホテルは、ブッキングドットコムでは日本以外にもブラジルやロシア、ベトナム、フランス、メキシコ、ペルー、ベルギー、カザフスタン、アルゼンチン、タイ、マレーシアでも確認できる。

掲載件数が日本に次いで2位に君臨するのは情熱の国・ブラジル。これは、2016年のリオ五輪の影響という説もある。どこの国でも、五輪が開催されるとなれば宿不足になるということなのだろう。