テレビや雑誌などさまざまなメディアで発信を続ける国際政治学者の三浦瑠麗氏。なかでも政治や文化について一段深い議論を展開するのがプレジデント社の公式メールマガジン「三浦瑠麗の『自分で考えるための政治の話』」(毎週水曜日配信)だ。同メールマガジンから抜粋・再編集した記事をお届けする。
フェザーインクと旧文字
写真=iStock.com/Studio-Annika
※写真はイメージです

文通から始まる過去の自分をめぐる旅『チィファの手紙』

岩井俊二監督作品『チィファの手紙』をご紹介したい。小説『ラストレター』をもとにした日本の映画『ラストレター』と対になる作品で、中国で撮られたもの。原題は「你好、之華」。

姉の之南(チィナン)を亡くした之華(チィファ)は葬儀の後に姉の中学の卒業30周年同窓会の知らせを受け取り、会場に赴く。しかし、学校の生徒会長でみんなのヒロインだった姉の死を告げるチャンスを見出せぬまま、チィナン本人と誤解されたまま、自らの初恋の人チュアンにつかの間、邂逅する。

そこから始まる、姉のふりをしたままでのチュアンとの文通は、書き言葉と郵便での紙の往来ゆえに不思議な距離感と温度を持ったまま続いてゆく。次第に明らかになる過去の思い出と三角関係。姉の苦しみ。自分のついた嘘。取り返せない言葉や時間。

三浦瑠麗公式メールマガジン 好評配信中!
言うまでもないことですが、政治は私たちの暮らしに密接です。その一方、選挙のたびに政局に振り回され、結局は「無党派層」を自認し、政治に距離を感じている人も多いはず。本メルマガでは、三浦さんの本分である国際政治学者としての知見をもとに、混迷する政局と日本社会を取り巻く状況を読み解くための情報をお届けします。また、話題となっている政治ニュースを取り上げ、その裏にある背景を、メルマガ読者だけにお伝えしてまいります。