空手が新競技に。人生を懸ける1年

2020年は、自分の空手人生、そして自分自身の人生にとって、これ以上ないくらい特別な年。今あるすべてを懸けています。

清水希容氏
清水希容氏

2020年東京オリンピックから、空手が新競技として採用されます。自分にとって、この1年は覚悟の1年です。

新競技として加わったものの、空手界にとっては、最後のオリンピックとなる可能性もあります。だからこそ、私たち出場する選手たちは責任を持って臨みます。空手の普及にも貢献したいという思いもあります。

金メダル候補として私の名前が挙がっていることは、とてもうれしいし、ありがたく感じます。

自分の中で、優勝することは常に心の中にあることだし、いつでも揺らぐことのない目標です。

日本中の期待に応えるだけの努力は、人並み以上にしなければいけないと思っています。

勝ち続ける秘訣や集中力についてですが、私はその都度全力でぶつかっていくタイプです。先を考えれば考えるほど、ミスをしやすく、手も抜きやすくなる。

だからこそ、今どれだけ自分の全力を出せるかにこだわります。それが勝利を生む秘訣であり、集中力、強運を生み出す私のエネルギー源です。