若いからこそ悩みやコンプレックスがある

右肩下がりに縮小を続ける美容業界。その流れをものともせずに、急成長を続けるのが「OCEAN TOKYO」だ。創業わずか4年ながら、現在100名の社員を抱え、2018年度の売り上げ見込みは10億円。同社の店舗数はわずか6。1店舗あたりの売上高は業界平均で623万円といわれるなか、驚異的な売り上げを記録している。

中村トメ吉氏

顧客ターゲットは10~20代の男性。スタッフの平均年齢は23.8歳で、いわゆる“イマドキの若者”だ。一方、代表2人のカット料金は1万2000円(税別)と高額だ。そんな異色のサロン代表を務める著者が、運営を軌道に乗せるプロセスで確立した経営哲学の粋を示したのが本書である。

「美容師とは本来、〈職人対髪〉の仕事ですが、僕たちはあくまで〈人対人〉で、髪形はもちろん心をデザインすることを重視してきました。皆、若いからこその悩みやコンプレックスと向き合いながら生きています。そうした声に日々、耳を傾ける中で、この世代との関わり方に確信が持てました」

その結果、画一的な育成マニュアルに従うのではなく、それぞれの個性に合わせた成功体験や成長の機会を用意するのが、若手を動かす最大のメソッドなのだと気がついた。

「こちらの価値観を一方的に押し付けたところで、若い世代は動かずポテンシャルを発揮できません。でも、自分の夢ややりたいことのためなら誰しも積極的に動くものです。だから僕は、スタッフ一人ひとりの志を常に聞き出し、把握して社内に共有します。その情熱の方向性に合う環境と場さえつくってやれれば、彼らは間違いなく個性を出し、期待以上の力を発揮します」