原 武史(はら・たけし)

原 武史
政治学者

1962年生まれ。放送大学教授、明治学院大学名誉教授。早稲田大学政治経済学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中退。日本政治思想史を専門とし、特に近現代の天皇・皇室・神道に造詣が深い。著書に、『「松本清張」で読む昭和史』(NHK出版)、『平成の終焉 退位と天皇・皇后』(岩波新書)など多数。

  • facebook
  • twitter
  • hatena