発売11カ月で世界200万部、そのうち4分の1が日本で売れている(2019年12月時点)『FACTFULNESS』。同書は、私たちの世界に関する「勘違い」を「10の本能」に分類している。今回、その10の本能を現代ニュースに絡めて紹介していく。第1回は「犯人捜し本能」だ――。(全10回)
2019年のビジネス翻訳書としては国内第1位『ファクトフルネス』

世界に関する勘違いを暴く

世界200万部、そのうち4分の1が日本で売れている(2019年12月時点)。2019年のビジネス翻訳書としては国内第1位の売れ行きだ。『ファクトフルネス』は、私たちの世界に関する「勘違い」をデータとともに暴き正してくれる。

例えば世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は過去20年でどう変わったか。例えば世界中の1歳児の中で、なんらかの病気に対して予防接種を受けている子供は何割いるか。あなたは答えられるか。答えはそれぞれ、「半分になった」「80%」だ。『ファクトフルネス』では3択で全13問が提示されているが、正答率は前者の質問で平均7%、後者の質問で13%に留まる。

過半数の人は、世界が「どんどん悪くなっている」と考えているのだ。

だがこれは大きな勘違いだ。著者のハンス・ロスリングらは人々が「ドラマチックすぎる世界の見方」をしており、実は世界は年々「良くなっている」のだと指摘している。本書はわれわれの勘違いを「10の本能」に分類している。本稿ではそれぞれの本能を実際のニュースに絡めて、10回に分けて解説していく。第1回は「犯人捜し本能」だ。