日本一わかりやすい「相続のキホン」教えます

人はいつか死ぬ。人が死ねば、残された家族は相続に直面することになる。しかし、多くの読者は相続について難解なイメージを持っているだろう。実際とても複雑であり、親族が亡くなってから安易に相続問題に取り組もうとすると、痛い目に遭うかもしれない。

死後の手続き・相続の流れ
AFLO=写真

実際、テレビや雑誌などでは、相続をきっかけとした家族間のトラブルを繰り返し紹介している。これまで良好だった兄弟姉妹関係も、お金が関わってくると話は別になってくる。絶縁に至るケースもかなりある。

では、あなたはどうしたらいいのか。あなたに高齢の親がいるなら、来る日に備え相続の基本知識を今のうちに身に付けておくべきだ。「親が生きているうちにやっておけばよかった……」と後悔しても後の祭りだ。一方で、あなた自身が高齢で配偶者や子どもがいるのであれば、「争続」にならないよう、家族が末永く仲良くすることを願うのは自然な感情である。一体どうすればいいのだろうか。

相続において大切なことは、いかに早く準備しておくかである。それでは今できる準備とはなんなのだろうか。この記事では、相続のことを今まであまり考えてこなかった人でも、その概要を理解できるよう、基本中の基本を、人気弁護士、城南中央法律事務所の野澤隆氏が解説していく――。