首相主催の「桜を見る会」問題がなかなか収束しない。安倍政権の危機対応にまずいところがあったからだが、より本質的な部分で恐ろしい事態が進行していると橋下徹氏は指摘する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(12月10日配信)から抜粋記事をお届けします。

今回ばかりは、ちょっとまずい

12月9日に臨時国会は閉幕を迎えたが、「桜を見る会」の問題は収束する気配が一向に見えない。

今回は安倍政権の危機管理にミスがあったと思う。不祥事事案に対する危機管理のやり方は、これまで本メルマガで繰り返し論じてきた。

▼事実確認ができるまでは、自分の責任を一切否定するような断言はしない。あとで責任が疑われるような事情が出てくれば取り返しがつかない。
▼まずい情報ほど全て公開する。隠して後でバレることは致命的。
▼公開した上で、主張すべきところは主張し、謝るべきところは徹底して謝る。
▼情報を全てオープンにするという姿勢で信頼を得ていく。不正のあるなしにかかわらず「隠しているな」という「雰囲気」を世間は最も嫌がる。

写真=iStock.com/kyoshino
※写真はイメージです。

ちまたに危機管理の書物は溢れているけど、実際のポイントは以上のようなシンプルなもの。それでもこれが、なかなかできないんだよね。これができないから、どんどん事態は悪い方、悪い方に行ってしまう。

これまで何度となく危機状況を乗り切ってきた安倍政権であるが、今回の対応ばかりは、安倍政権応援団の中でも「ちょっとこの対応はないよな」と微妙に空気が変わってきたんじゃないかと感じる。

(略)

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.180は12月17日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ https://hashimoto.president.co.jp/salon.html