かつての「就職氷河期世代」は、いま40歳前後の「アラフォー」となっている。就職活動に失敗し、やむなく一般職や非正規雇用に就き、その後も正社員になれない。そんな女性は少なくない。日本総研のリサーチャーが、彼女たちの厳しい現状をリポートする——。

アラフォーとなった就職氷河期世代の女性の切ない胸の内

「就職氷河期世代」と呼ばれるのは、1993年から2004年ごろに卒業を迎えた人々です。バブル経済が崩壊した後、新卒の採用数を減らした企業が増え、多くの学生が就職活動で厳しい時代を過ごしました。現在、彼らが生産年齢人口(15歳以上65歳未満)に占める割合は、22.4%(*1)にのぼります。

就職氷河期における学卒未就職者の状況

(*1)平成31年第5回経済財政諮問会議 資料2-2 就職氷河期世代の人生再設計に向けて(参考資料・有識者議員提出資料)

就職不遇の時代に長期の景気低迷が重なり、非正規雇用に就かざるを得なかった人が多く、不安定な雇用や低収入などが理由で結婚や子どもを持つ機会を逸してしまった人も少なくありません。

本稿では、東京圏で暮らす就職氷河期世代の女性に着目し、政府や日本総合研究所が行った調査結果および就職氷河期世代の女性(新卒時に正規雇用で就職をした経験のある東京圏に住む四大卒の女性)へのインタビューに基づき、彼女らの現状と課題を述べます。