川添 愛(かわぞえ・あい)

川添 愛
作家
1973年生まれ。九州大学文学部卒業。2005年同大学院にて博士号(理論言語学)を取得。津田塾大学女性研究者支援センター特任准教授、国立情報学研究所社会共有知研究センター特任准教授などを経て、言語学や情報科学をテーマに著作活動を行っている。著書に『白と黒のとびら オートマトンと形式言語をめぐる冒険』『精霊の箱 チューリングマシンをめぐる冒険』『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」』『数の女王』などがある。
  • facebook
  • twitter
  • hatena