2023年下半期(7月~12月)、プレジデントオンラインで反響の大きかった記事ベスト5をお届けします。教育・子育て部門の第4位は――。(初公開日:2023年11月19日)
若者の非婚化、少子化が止まらない日本。岸田政権の異次元の少子化対策は効果を発揮するか。海外で生まれ育ち、日本で活躍するお笑い芸人でパックンことパトリック・ハーランさんとエコノミストのエミン・ユルマズさんには日本の状況がどう映っているのか、語り合ってもらった――。
お笑い芸人のパックンさん(右)とエコノミストのエミン・ユルマズさん
撮影=市来朋久
お笑い芸人のパックンさん(右)とエコノミストのエミン・ユルマズさん

日本の少子化は経済面だけが原因ではない

【パトリック・ハーラン(以下パックン)】エミンさんは、お子さんはいますか。

【エミン・ユルマズ(以下エミン)】いないです。

【パックン】少子化の原因の1人ですね。

【エミン】そうなりますね(笑)。

【パックン】私には2人いますので、人口減少分は穴埋めできます。

【エミン】素晴らしい(笑)。

【パックン】プライベートのことをお聞きしてもいいですか。

【エミン】はい、どうぞ。

【パックン】この先はどうしますか。

【エミン】子どもが嫌いなわけではありませんが、つくる予定はないですね。日本の少子化の問題は、経済的な面がフォーカスされていますが、原因はそれだけではないと思います。生き方、暮らし方として「子どもはいなくてもいい」という人が増えているんじゃないかな。

【パックン】エミンさんと同じように合理的な判断をする方ですね。

【エミン】そうですね。既婚率も下がっていますし、パンデミックでものすごくセックスの頻度が減っているといいますし。

【パックン】そうですね。

パンデミックでも子どもが増えなかったのはなぜか

【エミン】本来、家に閉じこもる生活になると、セックスの頻度は増えるはずです。投資テーマから考えても、経済危機になると結婚が増えることを意識します。これはとてもカウンターインチューイティブに見えますね。

【パックン】非直感的。

【エミン】そう。なぜなら、景気が悪くなると人はよりどころを求めるようになって、結婚が増える。経済的にもそのほうが安全で安定するからね。すると結婚式場は儲かる。日本ではそうなりませんでしたが、欧州では宝くじの会社も儲かります。あるいは酒屋の株価も上がります。ただ、今回の新型コロナウイルスによるパンデミックは、まったくこれに当てはまらなかった。パンデミックで結婚式ができなかったこともありますけど、結婚式場はまったく盛り上がらなかったよね。生命の危機に直面したにもかかわらず、子どもの数はむしろ減っています。これは珍しいです。子どもをつくらないという以前に、結婚しない、セックスしないという大きな変化が起きていますね。

【パックン】人間の社会、精神、家族観……すべてにおいてひそかな改革が起きているんですね。

【エミン】そう。

会員限定無料ウェビナー! "ここだけの話"が聞ける緊急ライブ配信決定!
「エブリシング・バブルの崩壊」とは何か