結婚は人生の「コスパ」を上げるか?

株式会社CAYOFが全国の20歳から39歳までの交際中の未婚男女408人に向けて行った調査によると、新型コロナによって結婚願望が高まった人が7割以上もいたようです。その理由は、「恋人の存在が心強いから」など精神的な側面が大きいようです。その一方で、「経済的に安定していない」など経済面を不安視する人も少なくありません。

その結婚は「非地位財」をもたらすかを熟考

では、お金の観点から結婚を考えてみると、「結婚はおトクといえるのでしょうか?

まず、支出面から考えてみます。住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」で杉並区の家賃相場を調べてみると、単身者向けの1Kが8.14万円であるのに対し、2人で住める2DKの相場は12.09万円となっています。

結婚した場合、このように家賃や食費、水道光熱費など生活コストが「おひとりさま」のときと比べて単純に2倍になることはありません。

また、家事なども分担にすることで1人あたりの負担を減らすことができますし、忙しくて宅配や家事代行サービスなどを利用していた場合、その費用も節約できます。

収入面でも、共働きなら世帯収入は増えますし、どちらかが病気やケガで働けなくなっても、もう一方が家計を支える安心感も生まれます。