時間はあらゆる人に平等だ。複数のアルバイトをしながら司法試験に一発合格したロシア国籍の弁護士のベロスルドヴァ・オリガさんは、一体どうやって勉強時間を捻出したのか。オリガさんは「過密スケジュールの中で勉強するには5つのコツがある」という――。

ロシア式・スパルタ教育方針で育てられた

弁護士のベロスルドヴァ・オリガさん
筆者提供

6月4日配信「日本初のロシア人弁護士「バイト4つかけもちでも一発合格」の勉強法」でも説明しましたが、私はロシアのシベリア生まれですが、日本の義務教育を経て、仙台第二高等学校に入学。卒業後は、慶應義塾大学法学部法律学科に進学し、東京大学法科大学院に在学中に予備試験(※)および司法試験に合格し、今に至ります。ちなみに、新司法試験で合格した初めてのロシア国籍者とのことです。

※予備試験:法科大学院を卒業せずに司法試験の受験資格を得るための試験。司法制度改革の一貫で法科大学院を設置したことに伴い2011年から開始された。毎年1万人程度受験するが、最終合格率は4%台と司法試験よりも厳しい。

両親がロシア出身であることから、私自身、両親のロシア式・スパルタ教育方針により、大学受験のために塾や予備校に通わせてもらえないなかで、学業で優秀な成績を修めることが求められていました。そこで、まずは、私の勉強の根幹にも通ずるロシア式勉強法の1つをご紹介したいと思います。