女優の沢尻エリカ容疑者が合成麻薬MDMAを所持していたとして警視庁に逮捕された。相次ぐ薬物犯罪に社会はどう対処すべきか。テレビ番組で持論を述べた橋下徹氏のもとに、夫人から一本の電話が入った。その顛末は? プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(11月19日配信)から抜粋記事をお届けします。
写真=時事通信フォト
多数の報道陣が待ち構える中、警視庁東京湾岸署に入る女優の沢尻エリカ容疑者を乗せた車=2019年11月16日、東京都江東区

(略)

「凶悪犯罪につながり子供たちが犠牲になることも」

11月17日夜、僕はフジテレビ系「Mr.サンデー」(22時から23時10分)に出演し、この件に関し次のようにコメントした。

「薬物に対しては厳しい日本社会であることを望む。沢尻さんには厳罰を与え、厳しい社会的制裁を加えることは当然だが、沢尻さんが薬物依存を断つことを前提に、社会復帰することを望む」
「薬物犯罪には被害者は存在しない。だから被害者感情を考える必要はない。薬物が凶悪犯罪につながる可能性が高いのは間違いないので、日本社会が厳しく対応するのは当然だが、人間誰にでも失敗はある。沢尻さんは女優としての力を評価されていた。もう一度チャンスは与えられるべきだ」

(略)

番組が終わって、ホテルに24時過ぎに着いたら、携帯電話が鳴った。電話から湯気が出ている感じだった(笑)

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.177は11月26日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ https://hashimoto.president.co.jp/salon.html