心理療法において人間の内面を理解するのに有効な手段の1つとされる夢分析。昨日見た夢にはどんな意味があるのか。心理分析の専門家に話を聞いた。

蛇が出れば億万長者!?「あなたの夢」分析ノート

夢を理解するために、まず知っておきたいのが夢の「ストーリー性」です。例えば、犬に追いかけられる夢を見たとします。追いかけられてその後どうなったのかに注目を。逃げ切れたのか、逃げたときに誰かが助けてくれたのか、振り向いて戦ったのかなど、追いかけられた後どのように展開したかを見ることが大事です。ストーリーの変化は心の変化。夢分析で重要視される部分です。

PIXTA=写真

「反復夢」と呼ばれる、同じテーマの夢を見る人がよくいますが、ストーリーは月日の経過とともに変わっていきます。誰かに追いかけられる夢を見たら、「今までは怖かったけど、今回は追いかけてくる人の顔を見ることができた」「よく見るとそんなに怖い人じゃなかった」など、起こる変化に注目してみましょう。

1つ例をあげると、私の友人で、光の玉に追いかけられる悪夢を見る人がいました。最初は必死で逃げていくのですが、何回も見るうちに、光の玉は自分に追いつけないことがわかってくる。すると徐々に追いかけられるのを楽しむようになってきたそうです。「怖い」と思っていた夢に変化が表れることで、心理的な症状も変わってくることがあります。繰り返し見る夢がどう変わっていくか。心理療法における「夢分析」ではこの部分が実は大きいのです。