童門 冬二(どうもん・ふゆじ)

童門 冬二
歴史小説家

東京都企画調整局長、政策室長などを歴任し、1979年に作家として独立。著書は『小説上杉鷹山』『異説新撰組』『小説二宮金次郎』『小説立花宗茂』など多数。

  • facebook
  • twitter
  • hatena