安易な理由で早期退職をしてはいけない

冒頭に書いたように、今回のコロナ禍では早期退職勧奨どころか会社の存続自体が危ぶまれる状況も視野に入れるべきで、リーマンショック時以上の高リスクと言えます。このような中で前述したような極めて安易な理由だけで早期退職を目指すのだけは厳禁です。

「○○だからこんなことになった(こんな目に遭った)」
「○○だったら、こうはならなかった」

他責追及と失敗をひきずっているだけの将来を招きたい人はいないはずです。

今だから残る、今だから外に出る。その結論が正解か否かは個々の事情で異なります。

せめて悔いのない準備の結果として、早期退職後の結果を受け入れられるように心がけたいものです。

【関連記事】
会社が絶対手放さない、優秀人材6タイプ
ビジネスセンスのない人ほど「働きがい」「利益が出る」という言葉を使う根本原因
「ハンカチ斎藤佑樹は余裕で食っていける」アスリートの再就職先の天国と地獄
「MBA取得者の多くは、経営者に向かない」"伝説の外資トップ"がそう断言するワケ
リストラで真っ先に狙われる…年収が市場価値より100万~300万円も高い「過払い社員」の"典型的な行動"