【関連記事】
【第1回】「ツタヤとは正反対」なぜアマゾンプライムは"新作無料、旧作有料"なのか
【第2回】「店頭でワクワクしながらCDを選ぶ」という人が絶滅危惧種になった本当の理由
【第3回】「一番見るのはヒカキン」盲学校の生徒たちがYouTubeに夢中になるワケ
【第4回】「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ
「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償