理性のブレーキが利かない状態

心理学的にいうと、嫉妬には2つのタイプがあります。「jealousy(ジェラシー)」と「envy(エンヴィー)」です。ジェラシーは、自分が所有するものを誰かに奪われるかもしれないという不安な感情です。一方、エンヴィーは、自分が持っていないものを持つ者に対する羨望や嫉みです。つまり、同僚の営業成績に対する嫉妬は後者のエンヴィーということでしょう。

そのエンヴィーの嫉みを感じているときの脳の働きを見ると、心の痛みを感じている状態と同じで、「帯状回」という場所の前部の活動が高まっています。このようなときに表れるのが、「シャーデンフロイデ」という状態です。これは心理学用語で「不道徳な喜び」を表し、自分が手を下すことなく、相手が失敗したり不幸になったりすることに喜びを感じる状態です。このとき、脳では報酬系の神経ネットワークの一部の「側坐核」の活動が活発化していて、嫉みで帯状回の活動性が高ければ高いほど、シャーデンフロイデが生じたときの側坐核の活動性も高まります。

一方、嫉まれている状況に正面から対処しようとすると防衛反応が生じるため、脳では激しい感情にかかわる扁桃体などの活動性が高まります。そこで「今回は好条件が重なったから」など理性的に対話をすれば、脳の前頭前野が感情をコントロールして、高ぶった気持ちが抑えられます。しかし、この理性のブレーキが利かないと、扁桃体などの活動性が高まったまま、激しい言動に出てしまいます。

嫉妬して暴言を吐く相手に理性的に対処するには、前頭前野の働きを意識的に高めるのが効果的で、「瞑想」や「マインドフルネス」が有効です。熟達者になると前頭前野の一部の活動が高まっていて、感情をコントロールしやすいことがわかっています。

【対策】瞑想で脳を鍛え、挑発には乗らない

▼編集部おすすめの関連記事
「子を東大に入れた私を褒めて」という親のエゴ
(構成=田之上 信 撮影=柳井一隆 図版作成=大橋昭一)