年収1300万円▼妻に月20万渡して収支は真っ赤
40代 IT企業 根木浩太さん(仮名)

議員秘書時代に、女遊びを覚える

根木浩太さん(仮名)は都内の大手IT企業に勤める40代の男性だ。結婚10年目で、3歳の息子がいる。年収は家賃収入を合わせると1300万円ほどになる。しかも両親の実家に同居しており家賃はかからない。

写真=PIXTA

理想的な生活にも見えるのだが、悩みもあるという。まずは根木さんのキャリアを振り返りたい。

根木さんは東京・稲城市の開業医の一人息子として生まれた。関西地方の大学で留年を繰り返し、9年かけて卒業したあと、国会議員の秘書となり東京に戻ってきた。

「いつか自分も国政に打って出たい」。そんな志を胸に門を叩いたが、秘書の仕事は想像を絶していた。

「朝の仕事はまず、先生の自宅まで行き、起こすことです。夜は先生を家まで送ったあとも残務をしてから自宅に帰ります。それ以外にも、マスコミ向けに先生が料理を振る舞ったときは自分が材料の購入から調理まですべてをしました。ちなみに先生は料理を盛り付けただけです」

それに加え、支援団体や政治関係者との会食が毎晩あった。体はもうボロボロだった。

しかし根木さんはこの仕事の醍醐味をこう語る。「政治家をやっていると、口利きで、謎のお金が湧いてくるのです。あまり詳しくはいえませんが、そういったお金は領収書を切っていませんでした」。

例えば2002年のサッカーワールドカップでの出来事。有力支援者から「日本戦のチケットを押さえてほしい」と懇願され、議員の代理として日本サッカー協会の関係者に頭を下げれば数枚なら入手できたのだろうが、別の行動をとった。

「ヤフーオークションでも結構チケットが出回っていたのですよ。そのチケットを買いたい人がほかにもいたので、厳しい戦いになりました。ひたすら価格を吊り上げ、最終的に1枚約30万円で2枚落札しました。当時、落札価格は最高価格としてニュースになりました。ちなみに支援者からは200万円もらいました」