2018年8月に予定されていた恒例の米韓合同軍事演習が中止された。18年6月中旬の米朝首脳会談後、北朝鮮との対話中は演習を行わないとトランプ大統領が明言、即実行した格好だ。これまでは米韓合同指揮所および政府演習が夏季に、米韓合同指揮所演習と米韓合同野外機動演習が春季に実施されてきた。特に夏季開催の演習には40年超の歴史があると聖学院大学の宮本悟教授は指摘する。

米韓合同軍事演習に参加する韓国軍兵士(2017年4月)。(時事通信フォト=写真)

「1954年から国連軍司令部が実施してきた指揮所演習と、68年から韓国政府が実施してきた政府演習を統合し、76年から始まりました」

北朝鮮の姿勢軟化を受けて中止となったわけだが、この合同演習は北朝鮮のみならず、中国や旧ソ連も仮想敵国とみなして実施されてきたもの。「軍隊は常に演習を行わなければ実戦に対応できず、定期的に実施するのが前提」(宮本教授)であり、極東のパワーバランスに乱れが生じかねないと米国内でも批判が飛び交った。合同演習の中止を北朝鮮と同様に歓迎しているのは、中国ロシアであるとも言われている。

「米韓両政府が合意すれば、いつでも再開可能」(宮本教授)だが、北朝鮮が再び態度を硬化させるなどの口実が必要。そして何より「日本は依然として北朝鮮と敵対関係にあり、自国による防衛政策の手を緩めてはならない」と宮本教授は説く。