山口 真一(やまぐち・しんいち)

山口 真一
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授
1986年生まれ。東京大学客員連携研究員、シエンプレ顧問、日本リスクコミュニケーション協会理事。博士(経済学・慶應義塾大学)。専門は計量経済学。研究分野は、ネットメディア論、情報経済論等。「あさイチ」「クローズアップ現代+」(NHK)や「日本経済新聞」をはじめとして、メディアにも多数出演・掲載。主な著作に『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(光文社)、『なぜ、それは儲かるのか』(草思社)、『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)などがある。
  • facebook
  • twitter
  • hatena