後世に潤色された発言という指摘

辻田 真佐憲『天皇のお言葉 明治・大正・昭和・平成』(幻冬舎新書)

「自分はいかになろうとも、万民の生命を助けたい」。この感動的な発言は、「ご聖断」を象徴する言葉としてとくによく知られている。ただし、最近では後世に潤色されたものではないかとの指摘があり、『昭和天皇実録』でも採用されていない。そのため、参考として同書の記述も引用しておく。

”天皇は、国内外の現状、彼我国力・戦力から判断して自ら戦争終結を決意したものにして、変わりはないこと、我が国体については外相の見解どおり先方も認めていると解釈すること、敵の保障占領には一抹の不安なしとしないが、戦争を継続すれば国体も国家の将来もなくなること、これに反し、即時停戦すれば将来発展の根基は残ること、武装解除・戦争犯罪人の差し出しは堪え難きも、国家と国民の幸福のためには、三国干渉時の明治天皇の御決断に倣い、決心した旨を仰せられ、各員の賛成を求められる。また、陸海軍の統制の困難を予想され、自らラジオにて放送すべきことを述べられた後、速やかに詔書の渙発により心持ちを伝えることをお命じになる。”

辻田 真佐憲(つじた・まさのり)
作家・近現代史研究者
1984年、大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。2012年より文筆専業となり、政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、評論、レビュー、インタビューなどを幅広く手がけている。著書に『日本の軍歌』『ふしぎな君が代』『大本営発表』(すべて幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、『文部省の研究』(文春新書)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)など多数。監修に『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)、『出征兵士を送る歌/これが軍歌だ!』(キングレコード)、『満州帝国ビジュアル大全』(洋泉社)などがある。
関連記事
眞子さまの結婚問題に誰もが口を挟むワケ
雅子さまが直面した"約束と違う"皇室生活
なぜ「潜水艦」には女性が乗れないのか
普段の明治天皇は「京都弁」を話していた
韓国に広がる「日本どうでもいい」の理屈
(写真=北海道新聞社/時事通信フォト)