チーズ大国・オランダの食卓から牛乳が減り、代わりにオーツ麦を使った「オーツミルク」が増えている。日本からオランダに移住したフォトグラファーの三浦咲恵氏は「オランダをはじめ欧米では、牛乳を飲むことは環境破壊になるという考え方が広がりつつある」という——。
植物ベースのチーズ店
筆者撮影

「これは、人間のためのミルクだ」

2019年の冬くらいに、私が暮らすオランダのアムステルダムで「It’s like milk but made for humans.(これは、人間のためのミルクだ。)」と書いてある巨大な広告を見た。スウェーデンに本社を置くOatlyという会社の、オーツミルクの広告だった。デザインが良かったこともあり、普段はすぐ忘れる広告でもなぜかそれだけはよく覚えている。

この時点でオーツ麦を原料としたオーツミルクにさほど興味は示さなかったが、2020年の春を過ぎたくらいにそれは無視できない存在になっていた。友人の家に行けば「ごめん、牛乳ないけどオーツミルクでいい?」と言われ、カフェに行けば多くの人が「カプチーノ、オーツミルクで」と頼んでいたからだ。いざ意識してスーパーの陳列棚を見ると、牛乳や豆乳、アーモンドミルクを差し置いて、カルシウム入りや低脂肪など5、6種類のオーツミルクが目立つ位置に並べられていた。

Oatlyのオーツミルク
筆者撮影
Oatlyのオーツミルク

なぜ、最近みんなオーツミルクなのか。ある日、一緒にカフェに入ってオーツミルク・カプチーノを頼んでいたオランダ人の友人にそんな疑問をぶつけてみると、さも当然といった様子で彼女は答えた。

「あぁ、それは環境のためだよ」