小泉 堯史(こいずみ・たかし)

小泉 堯史
映画監督

1944年、茨城県生まれ。水戸一高から東京写真短期大学(現・東京工芸大学)へ進み、その後、早稲田大学文学部演劇専攻卒。早大の卒論研究で「赤ひげ」「七人の侍」などの名作と出合ったことから、黒澤明監督に師事。黒澤映画の助監督を務めたほか、私的な助手としても黒澤を支え続けた。2000年、黒澤脚本の「雨あがる」で監督デビュー。同作はヴェネチア国際映画祭緑の獅子賞を受賞。他の作品に「阿弥陀堂だより」「博士の愛した数式」など。14年10月4日(土)新作「蜩ノ記(ひぐらしのき)」を公開。

  • facebook
  • twitter
  • hatena