働き方革命という言葉を忘れてしまうほど、コロナ禍で職場環境は大きく変わった。日本国中で先行き不安な日々だが、泣き寝入りばかりでも仕方がない。やられたらやり返せ! 副業・投資の達人に、ウィズコロナの効果的な稼ぎ方を聞いた。

副業で稼げる人と稼げない人

アフターコロナで叫ばれているのは、今後の社会情勢が読めず、会社の収入だけで生きていくことへの漠然とした不安感。コロナ禍でも、会社員が給料以外に副業収入を得ることは可能だろうか。

「2020年4月以降、自宅にいる時間が増えた結果、コロナ前よりも副業収入が増えたという生徒は多いですね」

そう語るのは会社員でも気軽に始められる副業の無料説明会を年間500本以上開催している副業アカデミー代表の小林昌裕氏だ。小林氏によると、コロナ禍でも副業収入として安定的に月収10万円以上を得るのは可能だという。

「コロナ以降に始めるべき副業のポイントは2つです。1つはほとんど自宅で完結すること。2つ目は初期投資を抑えて始められること。このキーワードで考えれば、自ずと始めるべき副業は決まってきます」

表のように、コロナ禍でも稼げる副業は、どれも自宅にいながらできるものばかりだ。

副業/リモート時代のポイントは2つ。「自宅でできる」と「初期投資が少ない」