コロナで倒産しない会社はどんな会社だ

リモートワークによって、「オフィス」と「家庭」の境界線が溶けてゆく。富士通は7月6日に22年度末までにオフィスの規模を半減するとリモートワークの強化を発表しています。世の中が不可逆な方向で進みだした、「新しい時代」の始まりは、まだ序章にすぎないでしょう。既存の概念や知恵では、生き残ることが難しい時代に、必要なもの、それは「変化への対応」と「お金」です。

2020年5月15日号の『プレジデント』の本誌「大暴落時に買う超優良株55選『底値シグナルを見逃すな』」のコーナーのなかで、キャッシュリッチな好財務銘柄を「10銘柄」紹介しています。緊急事態宣言下の中で、銘柄をスクリーニングしました。あれから約2カ月経ちましたが10銘柄とも株価は堅調に推移しており、金持ち企業である好財務銘柄は、やはり今後も注目であることが伺えます。

キャッシュリッチ企業 ランキング1~10位

今回は「自己資本比率」「有利子負債」をさらに加えて、キャッシュリッチ企業の上位600社をランキングにしました。コロナの影響が長引くなかで、企業の倒産件数が増加しています。東京商工リサーチによると7月3日時点で「新型コロナ」関連の経営破綻は309件に達しています。今後、企業の存続を左右するものが、短期間に現金化できるお金をどれだけ企業が持っているかが重要になってきます。実質的な手元資金である「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は不況抵抗力が強く、また、変化に対応柔軟にできる体力があると言えます。