山田 昌弘(やまだ・まさひろ)

山田 昌弘
中央大学文学部教授

1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。専門は家族社会学。学卒後も両親宅に同居し独身生活を続ける若者を「パラサイト・シングル」と呼び、「格差社会」という言葉を世に浸透させたことでも知られる。「婚活」という言葉を世に出し、婚活ブームの火付け役ともなった。主な著書に『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』(ともに筑摩書房)、『少子社会日本』(岩波書店)、『家族難民』『底辺への競争』(朝日新聞出版)など。Ⓒ朝日新聞社

  • facebook
  • twitter
  • hatena