東京オリンピック・パラリンピックの開催反対論が盛り上がっている。楽天の三木谷氏やソフトバンクの孫氏まで「自殺行為だ」「誰が何の権利で強行するのか」と開催批判に回っている。だが、本当にオリパラ開催は日本にとって「自殺行為」なのか。橋下徹氏が推進論・反対論を分析し読み解いた。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(5月25日配信)から抜粋記事をお届けします。

オリパラ開催問題は「問題解決の授業」の格好の教材

東京オリンピック・パラリンピック(オリパラ)の開会式まで2カ月に迫ったこの時期に、これを開催すべきかどうかの議論が盛り上がっている。

橋下 徹『大阪都構想&万博の表とウラ全部話そう』(プレジデント社)
橋下 徹『大阪都構想&万博の表とウラ全部話そう』(プレジデント社)

IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は「オリンピックの夢を実現するために誰もがいくらかの犠牲を払わないといけない」と発言し、またジョン・コーツ副会長は日本に緊急事態宣言が出されている中でも開催すると断言。

日本政府も、オリパラについて「安全・安心な開催に向けて準備をしっかりと進めていきたい」(加藤勝信官房長官)という姿勢を崩していない。

一方、国民の間で開催に対する不安感、反対論が大きくなっていることを受けて、開催反対を表明する著名人も増えている。

経済界では楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が海外メディアの取材に対し「開催は自殺行為だ」と中止を主張し、ソフトバンクグループの孫正義会長も「今、国民の8割以上が延期か中止を希望しているオリンピック。誰が何の権利で強行するのだろうか」と開催反対を主張した。

・オリンピック・パラリンピックはやるのか、やらないのか。
・やるなら、どのように進めるのか。

これは本メルマガ「問題解決の授業」の格好の教材だ。

困難な課題がある物事をどのように進めるのか。困難な問題をどのように解決すべきか。

困難な壁にぶち当たったときに、それを中止するのは簡単だ。しかし、諦めるのはいつでもできる。まずはその壁をどのように乗り越えるかを考えることが、これからの時代に必要不可欠である問題解決能力を磨く最高の訓練になる。

5月23日(日)の午後、ラグビー日本選手権が行われた。高校でラグビー部に所属している三男が、僕の横でテレビ観戦していた。

パナソニック対サントリー。

パナソニックには、今季でラグビー選手人生をいったん中断し、医師の道を歩むことになった日本代表福岡堅樹選手がいる。サントリーには、ラグビーワールドカップで大活躍したニュージーランドオールブラックスのヴォーデン・バレット選手がいる。

ラグビーファンにとっては最高の試合だ。

テレビで歓声が沸くたびに僕は視線をそちらに向けつつ、僕は好試合の雰囲気を感じながら、仕事をしていた。

そして結果はパナソニックの勝利!!

観客入りのラグビーの試合も感染対策のうえ実施されている現実

試合を終えた後、選手たちは相手チームの健闘をたたえ合い、軽いハグを交わしている。笑顔で軽く声を掛け合っている。もちろんマスクはしていない。

中にはマスクをあご下にかけている選手もいた。他方、周囲のスタッフたちはマスクをしっかりと着けていた。

観客は、キャパシティーコントロールによって人数制限はしているものの、ゆうに数百人レベルを超えている。

落ち着いたところで選手たちはマスクを着けだした。そのまま表彰式においてトロフィーの授与。ところが記念撮影になるとマスクを外して、ウォー!! と雄叫び。

ちゃんと、大規模イベントができているじゃないか!!!

観客サイドには、人数制限に加えて感染対策をしっかりと講じているのであろう。

選手サイドにも、ハグやマスクなし談笑や雄叫びなど若干ウンっ?? という場面はあったものの、そもそもラグビー自体が選手同士が激しく接触するスポーツ。それを踏まえて必要な感染対策をやっているのであろうから、試合後に軽いハグや談笑があっても問題はないと考えているのだろうが、ここは世間に対する「見え方」として問題があると感じた。

ただ、いずれにせよ、このクラスの大規模なスポーツイベントが緊急事態宣言下においても実施されたのである。

外国から選手や関係者が来ることや、全体の規模に違いがあるものの、今回のラグビー日本選手権クラスのイベントが複数同時開催されるようなものがオリパラだと考えれば、それは絶対に実施不可能なことではない、と感じた。

どのように実施すべきなのか、まだ考える余地がある、と。

(以下省略/全文はメールマガジンでお読みください)

(ここまでリード文を除き約1600字、メールマガジン全文は約1万字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.249(5月25日配信)から一部を抜粋したものです。気になった方はメールマガジン購読をご検討ください。今号は《【問題解決の授業】推進論・反対論から読み解く東京オリンピック・パラリンピックのよりよい進め方》特集です。

▲大好評!橋下徹×プレジデント社による【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】開講中!
学者やコンサルでは伝えられない「本質」が読める、橋下徹公式メールマガジン【橋下徹の「問題解決の授業」】!
橋下徹本人と双方向の意見交換が出来る唯一の公式サロン【橋下徹の激辛政治経済ゼミ】!
今起きている諸問題を題材に、「激動の時代だからこそ」身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!お申込みお待ちしております!

【関連記事】
ホテルに缶詰めで、食事はカップ麺…欧州選手団が怒った五輪前大会の低レベル
「コロナで自分たちは頑張っている」と主張する医療業界が、ひた隠しにする不都合な真実
会議で重箱の隅つつく「めんどくさい人」を一発で黙らせる天才的な質問
ブッダの言葉に学ぶ「横柄でえらそうな人」を一瞬で黙らせる"ある質問"
「仕事やお金を失ってもやめられない」性欲の強さと関係なく発症する"セックス依存症"の怖さ