コロナ向け病床の確保が十分に進まず、ワクチン接種のスピードアップもままならない。コロナ対策で政府の手足を縛っているように見えるのが、医療界を動かす難しさ。政治が適切に医療をマネジメントするためには何が必要なのか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(5月18日配信)から抜粋記事をお届けします。

医療の質が高いから重症者向け病床が空かないという事情も

結論としては法律を作るしかありません。それこそが政治家、国会議員の仕事です。

医療は公共インフラです。もちろん弁護士もです。だからこそ、税金で人材を養成し、資格業、免許業として、独占的な仕事が保障されているのです。

さらに医療の世界には超多額な税金が投入されています。

2018年度の日本の医療費(国民医療費)は43.4兆円でしたが、そのうち11兆円が国の税金、5.6兆円が地方の税金から投入されています。

もう立派な公の存在です。

橋下 徹『大阪都構想&万博の表とウラ全部話そう』(プレジデント社)
橋下 徹『大阪都構想&万博の表とウラ全部話そう』(プレジデント社)

他方、日本は国民皆保険制度として、民間経営の医療を主軸としています。開業医はもちろん病院も民間のものが8割です。そして民間医療には経営の自由が原則与えられています。

この制度によって、日本全国に中小の病院や診療所が点在し、日本国民は自宅から徒歩圏内にあるあらゆる診療科の診療所や病院にアクセスでき、加えて保険証一枚で、低額で良質な医療を受けることができるという、世界に類を見ない医療の利便性を有します。

さらにさらに、高額医療費については、一定の上限額以上は免除されます(高額療養費制度)。数百万円の医療費がかかったとしてもひと月10万円にも満たない額で済むのです。

これはほんと凄いことなんですよ。

ただこのような日本の医療制度の下で、ひとたびパンデミックなどの危機が生じたときには、それを受け容れることができないということが、今回のコロナ禍によって白日の下にさらされました。

開業医の診療所や中小の病院では対応できなくなったのです。

さらに政治行政が、開業医や民間病院に対して指揮命令することができず、あくまでも「お願い」しかできないのです。

病院側も色々な事情を持ち出し、コロナ対応することを拒否する事態が多発しました。

もちろんコロナ対応に頑張ってくれている医療従事者の方もたくさんいますが、その方々に著しい負担がかかっており、それが医療崩壊と言われるゆえんです。

その医療崩壊を避けるために社会経済活動を抑止し、飲食店等特定の業種が営業停止に追い込まれています。

世界各国から見ると、日本の人口当たりの感染者数や重症者数は一桁も二桁も少ない。病床数も世界一です。

世界各国は日本よりも一桁も二桁も多い感染者数であっても、なんとか医療はもっているのに、日本は医療崩壊だと叫ばれる。

なぜか。

もちろん医療サービスの丁寧さ(=質)が違うという理由もあります。

ある国では、どんどん死者が出る。ということは重症ベッドが空くということです。

他方、日本は死者が少ない。つまり重症者の命をなんとかつなぎとめているので、病床がなかなか空かず逼迫の状況が続くというのです。

日本の医療サービスの質は高く、それは丁寧で、人手がかかるということです。一概に日本の医療が弱い、悪い、ということではないのでしょう。

それでもいざというときには、設備や人材を適正配置するマネジメントが必要になります。

(以下省略/全文はメールマガジンでお読みください)

(ここまでリード文を除き約1200字、メールマガジン全文は約1万900字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.248(5月18日配信)から一部を抜粋したものです。気になった方はメールマガジン購読をご検討ください。今号は《【コロナ下の政治の役割】医師会の力に負けず医療を動かす法律を作れ!》特集です。

▲大好評!橋下徹×プレジデント社による【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】開講中!
学者やコンサルでは伝えられない「本質」が読める、橋下徹公式メールマガジン【橋下徹の「問題解決の授業」】!
橋下徹本人と双方向の意見交換が出来る唯一の公式サロン【橋下徹の激辛政治経済ゼミ】!
今起きている諸問題を題材に、「激動の時代だからこそ」身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!お申込みお待ちしております!

【関連記事】
「コロナで自分たちは頑張っている」と主張する医療業界が、ひた隠しにする不都合な真実
橋下徹「吉村知事に猛批判を浴びせるコメンテーターに言いたいこと」
「どんな状況でも東京五輪は決行」粛々と聖火リレーを続ける日本政府の無神経
コロナ禍で顔と名前を売った「感染症専門医」は本当に落ちこぼれなのか
「緊急事態宣言しか打ち手がない」日本の医学界が抱える4つの問題点