なぜ日本はデフレから抜け出せないのか

バブル崩壊以降、日本は長らくデフレに苦しんできました。安倍内閣はデフレ脱却を掲げて大胆な金融緩和政策を続けてきましたが、第2次内閣発足から7年半が経過した現在でも2%のインフレ目標を達成できていません。消費者物価指数を見ると、アベノミクスで物価はやや上がっているものの、長期的にはいまだ「失われたウン十年」の霧の中にいます(図①)。

消費者物価指数

では、今後はどうなるのか。新型コロナウイルスの影響で、世界的に需給バランスの混乱がしばらく続くでしょう。日本も短期的には難しいですが、長期的には予測がつきます。いまの政策を続けているかぎり、日本はデフレから抜け出せない可能性が高い。数十年先まで予測がつく人口動向を見ると、日本はデフレ圧力が非常に強い国であることがわかるからです。

日本はこれから需要サイドで2つの厳しい現実と向き合うことになります。

まず、人口減少です。じつは人口の増減はインフレ率に関係があります。人口が増えれば総需要が増大しても供給は遅れて増えるので、インフレ要因となり、減れば総需要が減ってデフレ要因になります。2060年までにアメリカは人口が25.2%増えて、日本を除くG7は14.9%増えます。それに対して日本は32.1%の減少です。先進国の多くが人口増のボーナスをもらう中で、日本は人口減による強いデフレ圧力にさらされることになります。