河野 通和(こうの・みちかず)

河野 通和
ほぼ日の学校長

1953年、岡山市生まれ。編集者。東京大学文学部ロシア語ロシア文学科卒業。1978年~2008年、中央公論社および中央公論新社にて雑誌『婦人公論』『中央公論』編集長など歴任。09年、日本ビジネスプレス特別編集顧問に就任。新潮社にて『考える人』編集長を務めた後、17年4月に株式会社ほぼ日入社。著書に『言葉はこうして生き残った』(ミシマ社)、『「考える人」は本を読む』(角川新書)がある。

  • facebook
  • twitter
  • hatena