ついに2020年11月1日に迫った大阪都構想の2度目の住民投票。前回は僅差で否決されたが、新たな再編案を掲げた今回はどう転ぶのか。大阪の副首都化を目論む賛成派からは「空前絶後のォォォォォォ!!!!!」という叫びも聞こえてきそうな都構想のその先のビジョン。都構想に込められた「大阪への熱い想い」を吉村洋文知事が語る──。

「大阪都構想」の是非を問う2度目の住民投票

「大阪都構想」の是非を問う2度目の住民投票が2020年11月1日に投開票されます。賛成多数なら大阪市は2025年に廃止され、4つの特別区に再編されることになります。都構想を行う目的は2つあり、1つは大阪府・市の二重行政を解消して大阪が成長する土台をつくること。もう1つは行政を細分化することで、きめ細かな住民サービスを拡充することです。

まずはこの2つを実現させて大阪が副首都として成長することで、東京との東西二極で日本を引っ張っていけたらいいなと思っています。コロナ禍で「東京一極集中」の脆弱性が露呈しましたが、東西二極とは国力を分散させるという意味ではなく、国力を高めるために必要なことだと考えています。

▼大阪都構想とは?
政令指定都市の大阪市を廃止して東京23区と同じ、特別区を設けて大阪府と連動して行政を再編する構想。大阪維新の会「設立の趣旨」での当面の目標となっている。2015年5月に5特別区への再編を問う住民投票では僅差で否決されたが、2回目の住民投票では4特別区への再編案が対象となる。賛成多数なら25年から制度移行となる。府の名称はそのままで「大阪都」への変更には法整備が必要になってくる。
これが特別区の4区案だ!