「反・大阪都構想」論者であった竹山修身前市長の辞職を受けて行われた大阪府堺市長選挙で、大阪維新の会の永藤英樹氏が当選した。大阪府知事・大阪市長のダブル・クロス選挙に引き続き大阪維新が勝利したことで、大阪都構想の実現へ一歩近づいた形である。だが、実をいえば大阪維新の創設者である橋下徹氏が全面支援して2009年に初当選したのが竹山前市長だった。10年来の「因縁」を当事者の橋下氏が明かした。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(6月11日配信)から抜粋記事をお届けします――。
堺市長選挙で当選確実となり、日本維新の会の馬場伸幸幹事長(左)と握手する永藤英機氏=2019年6月9日、堺市堺区(写真=時事通信フォト)

「接戦」と報じられた堺市長選挙だが、11%差は立派な勝利だ

6月9日、大阪の堺市長選挙において、大阪維新の会の永藤英機氏が勝利した。主要な相手は自民党元堺市議の野村友昭氏。永藤氏は13万7862票獲得。野村氏は12万3771票。約1万4000票差での勝利だった。

堺市は大阪府内において大阪市に次ぐ大都市であり、人口約82万人で有権者数は約70万人。投票率は、前回を約3.5%下回る40.83%だった。確かに4月7日に維新が大勝した、大阪ダブル・クロス選の勢いでそのまま押したという感じではなかった。

ゆえに、この約1万4000票差をとらえて、「維新の勢いがなかった」「予想外の接戦だった」などなど厳しい評価も散見され、永藤氏も当選確定後の記者会見では笑顔を見せることなく厳しい表情だった。

でも、立派な勝利だ。物事は比較優位で考えなければならない。これは拙著『実行力』(PHP新書)に詳しく書いた。他の選挙結果と比較して考えなければならないんだ。

(略)

永藤氏は、野村氏の票数を基準に約11%の差をつけて勝利した。他の選挙と比べれば、立派な勝利であることに間違いはない。

それでも永藤氏には辛いことだが、4月7日の大阪ダブル・クロス選挙の維新圧勝の選挙と必ず比べられる。しかし、ダブル・クロス選挙の方が異常だった。このときの維新圧勝は、松井さんと吉村さんの圧倒的な実績が評価されたことが勝利要因だ。両名の実績には、橋下や維新は嫌いだという人さえ、認めざるを得ないところがあった。松井さんの2期8年、吉村さんの1期4年の実績は大変重く、裏を返せば、実績さえきっちりと残せば、敵が自民党から共産党までの既存政党ががっちりとタッグを組もうが選挙で勝てるということだ。

(略)

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.156は6月18日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ https://hashimoto.president.co.jp/salon.html