文科省は2020年度から大学3年生全員を対象に大学の「授業評価」を行う方針という。日本の大学に国際的な競争力をつけさせるためには何が必要か。大阪府立大学と大阪市立大学で改革を先行実施してきた橋下徹氏が処方箋を示す。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(6月18日配信)から抜粋記事をお届けします――。

文科省方針、大学生による「授業評価」に期待!

※写真はイメージです。(写真=iStock.com/D76MasahiroIKEDA)

日本経済新聞の報道によると、文部科学省は2020年度にも、大学3年生の全員(約60万人)を対象としたインターネット調査を始めるという。

僕は、学生による授業評価が大学改革の柱になることを、メルマガVol.125(【大学改革(2)】補助金を増やすだけでは衰退あるのみ! 大学評価システムはこうつくる)で論じた。ゆえに、文科省がやろうとしているこの授業評価アンケートには大賛成だ。メルマガVol.125でも言ったけど、学生の名前は匿名(無記名式)にしたアンケートにしなければ学生は委縮して本音を書かない。だから、今回の授業評価は匿名なので、なおよろしい。

(略)

大学教授たちがどんな研究をするのも自由だけど、やっぱり学生に対してはきっちりと授業をしてもらわなければ困る。大学には多額の税金を投入するんだから、研究成果による社会還元と同時に、明日の日本を背負う学生を育てるという意味での還元も絶対にしてもらわなければならない。今の教授たちには、この視点が欠けている者が多いね。

(略)

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.157は6月25日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ https://hashimoto.president.co.jp/salon.html