苦手なあの人との距離を縮めたいと考えるなら、ぜひ、この法則を試してほしい。「出身地のDNA」を読み解けば、コミュニケーション上手になること間違いなし。これで、仕事も出世も恋愛も思いのままだ!

チャンスを逃した近江商人の末裔

図を拡大
デキ婚率ランキング

滋賀の人は、勤勉で正直。思慮深くて「一か八か」という発想は皆無で、とにかく何事にも慎重な人が多い。宗教心も篤く、粘り強いうえに数字にも強いから計画性も十分。衝動買いなど当然しないタイプだけに、デキ婚が少ないのは当然である。

また、全国の鮎の80%は琵琶湖産。琵琶湖では成長しても10センチたらずだが、他の川に放流すると25~26センチになる(川の流速と餌の違いだといわれている)ことから、昔から「琵琶湖の鮎は外へ出て大きくなる」といわれている。

近江商人も外へ出ていった人は成功しているが、地元にとどまっている人はそれほどでもなかったらしい。現在の滋賀県民は地元にとどまった消極的な人たちの末裔だけに、恋愛でも積極的になれないことが原因なのでは。

▼編集部おすすめの関連記事
なぜ、東京女と大阪男は相性が悪いのか?
なぜ、東京女と大阪男は相性が悪いのか?
「日本は均質」「東京が中心」は思い込み
なぜ、埼玉県民は出世できないのか?
人気者上司はなぜ琵琶湖の話題を避けるのか
なぜ、雪国出身は粘り強く、温暖な国出身は温厚なのか?