徳川 慶朝(とくがわ・よしとも)

徳川 慶朝
徳川慶喜家当主

1950年、徳川15代将軍慶喜公の曾孫として生まれる。現在は、旧公爵徳川慶喜家の当主。20年間、広告制作会社のカメラマンとして活躍後独立。現在はフリーランスとして徳川家の歴史的建造物やゆかりの地を撮り続けている。また、自他共に認めるコーヒー好きで、茨城県のコーヒーメーカーから自ら焙煎した豆を「徳川将軍珈琲」として販売。深煎りで美味しいと評判になり、茨城に移住するきっかけにもなった。著書に『徳川慶喜家にようこそ』『徳川慶喜家の食卓』(文春文庫)など。

  • facebook
  • twitter
  • hatena