新型コロナウイルスは感染する人としない人、症状が出る人と出ない人、がいることがわかっている。免疫システムを働かせ、対抗するにはどうすればいいのか。医師の近藤誠氏に対策法を語ってもらった。

感染しても解熱剤は飲んではいけません

緊急事態宣言が解除されましたが、連日テレビなどのメディアではまだ新型コロナウイルス感染者数が報じられています。あんなものばかり見せられていたら、いつかは自分がかかるのではと不安になるのも無理はありません。

医師 近藤誠氏
医師 近藤誠氏

たしかに新型コロナウイルスは新しい感染症なので、多くの人は免疫がない。ですからどんなに注意していても、かかるときはかかります。いまは大丈夫でも、2020年の冬や21年にかかる可能性を否定しきれないのはたしかです。

とはいえ、それほど心配することはありません。今回流行している新型コロナウイルスは高齢者や基礎疾患がある場合は別ですが、ほとんどの人は感染しても症状が出ないか、出ても風邪程度で済むことがすでにデータで実証されているからです。毎年流行するインフルエンザと一緒で、感染した場合でも、たいていは数日でよくなる。大切なのは感染したときの正しい対処法を知ることと、いま自分自身が持っている免疫を下げないための準備をいかにするかです。