「欧州の天地は複雑怪奇」

1939年の独ソ不可侵条約の締結に際して、当時の日本の首相・平沼騏一郎が吐いた名言(迷言?)である。

近頃、EUの信用不安問題が世界の金融市場を震撼させているが、ヨーロッパの国々のキャラは平沼さんではないが、日本人にはわかりにくい。日本でもなんとか理解できるのが、広く世界の人口に膾炙している「早く飛び込め!」にある各国のキャラだろう。

■早く飛び込め!

ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。
船長は乗客たちに速やかに船から脱出して
海に飛び込むように、指示しなければならなかった。
船長は、それぞれの外国人乗客にこう言った。
アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄ですよ」
イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」
ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」
イタリア人には「飛び込むと女性にもてますよ」
フランス人には「飛び込まないでください」
日本人には「みんな飛び込んでいますよ」

ちなみに、最近はこの名作「早く飛び込め!」に、経済発展著しい中国韓国を追加した新バージョンもよく耳にするようになった。追加されるジョークにはこんなものが多い。

中国人には

「海の中にうまい魚が泳いでいますよ」

韓国人には

「日本人も飛び込んでいますよ」