「つるセコ」の一面も「小室圭さん」も残念王子なのか

▼「Happy Prince」

そしてやはり外せないのが、秋篠宮眞子様の婚約者である小室圭さん(27歳)です。「海の王子」としてデビュー(注)してから本物の王子になるため虎視眈々とステップアップし、眞子様との結婚を目指しています。

※編集部注:2010年度の神奈川県藤沢市観光課の「湘南江の島海の女王&海の王子コンテスト」で「海の王子」に選出された。

藤沢市観光課・藤沢市観光協会ウェブページ「湘南江の島 海の女王&海の王子 2010年度」から

今や、米フォーダム大学に特別待遇で留学。現地では「Happy Prince」と呼ばれているそうです。王子の呼び名も出世魚のように変化。好青年だと同級生からの評判は良いようですが、一方で、無料でピザが配られる授業に出てピザだけ食べるとしばらくして出て行く、つるセコ(細かくてみみっちい)な姿も目撃されています。

米紙ニューヨーク・タイムズに「ボサボサ頭の求婚者」と書かれるなど、品格がまだ王子レベルに達してはいないようです。オスカー・ワイルドの小説の「幸福な王子」のように本来の王子は、ノブレス・オブリージュの精神で自分の富を貧しい人に分け与える存在ですが、彼の場合はどちらかというともらってばかりです。

ただ、小室さんの話題がワイドショー番組に取り上げられると視聴率が上がると言われていて、数字を持っている小室さんは、関係ないところで大金を生み出しています。

小室圭さんは本物の王子になれるのか(手前)。右奥はハンカチ王子、左奥は青汁王子(イラスト=辛酸なめ子)

後世も考え一族の名に恥ずかしくない行動をするガチ王子たち

以上、最近の残念な王子について書き連ねてまいりましたが、ちょっと前にNHKで放映されたドキュメンタリー番組『イギリス 白馬の王子さま様に会いたい!』には本物の王侯貴族たちが出ていて、彼らの責任感や気品や威厳に圧倒されました。

広大な屋敷や、庭園、財宝を保つために努力と支出を惜しまず、後世のことも考えて一族の名に恥ずかしくないように行動するガチ王子たち。貴族は謙虚であるべきとか、国家に尽くす責任があるとか、本物の王子精神は崇高です。「貴族にとって爵位とは、それに見合う人間になれと言われているようなものです」という貴族の男性の言葉にシビれました。

このような代々受け継がれてきた責任感や使命感などはなく、表面的に王子を名乗っている人は、王子という称号の重さに耐えきれなくなってしまうのかもしれません。

王子になったら誰よりも謙虚にならなくてはならないのですが、残念な王子たちはその反対で、調子に乗ってしまいがちで、それが転落の第一歩なのです。いつか日本に本物の王子様が現れることを切に願います。

▼編集部おすすめの関連記事
眞子さまの結婚問題に誰もが口を挟むワケ
(イラスト=辛酸なめ子)