新宿・歌舞伎町のホストクラブに外国人女性客の姿が増え始めている。アジアや欧米の観光客などがジャパニーズカルチャーとしてのホストクラブに興味を持ち気軽に訪ねているのだ。外国人にニーズがあると判断したある老舗店は来年、なんとラスベガスへ乗り込む計画を立てた。グローバル化するホストクラブが描く未来とは――。

歌舞伎町のホストクラブに外国人観光客が訪れる理由

歌舞伎町の新たなランドマークとなった新宿東宝ビルのゴジラ像。ビルの上層階から顔を出している巨大な怪獣の前で立ち止まり、記念写真を撮る外国人観光客も多い。そのビルの裏手に回ると、焼き肉屋やラブホテルなどが並ぶ歌舞伎町ならではの歓楽的な光景が現れ、あちこちに設置された看板からはイケメン達が超然とほほ笑む姿が目に飛び込んでくる。ホストクラブの広告だ。近頃、このホストクラブにも外国人女性観光客が訪れているという。

ホストクラブで外国人観光客を目にするようになったのは、ここ2、3年のことだと、老舗「愛」本店などを展開するグループダンディの広報を務める岳野めぐみさんは言う。

「以前は外国人のお客さまはまれでしたが、今では『愛』本店の1店だけでも月に数組もの外国人女性がいらっしゃいます。地域は中国韓国、アメリカ、ヨーロッパだとフランスやドイツや北欧からの方が目立ちますね。みなさん海外メディアのニュースや日本観光ガイドサイトなどでホストクラブの存在を知るそうですよ」

客全体に占める割合はまだ小さいが、確実に増えている。そんな感触もあり、今年の春には、歌舞伎町の繁華街に「愛」本店の多言語広告を出した。愛本店の人気ホスト4人の姿と「ようこそ歌舞伎町」という日本語が金色に輝く。彼らはそれぞれ真っ赤なプレートを掲げており、その中には英語、中国語、フランス語、タイ語で書かれた「ようこそ」が躍る。

▼実は海外には「ホストクラブはない」

実は海外にはホストクラブという業態はほとんどない。タイには男の子と一緒に飲める店はあるが、日本のシャンデリアがキラキラ輝くようなゴージャスな雰囲気とは違い、ショーパブのような感じが多いという。韓国や中国には日本のホストクラブと同じような店ができたが、どこも高額で、富裕層専用の場所となっているそうだ。

日本のホストクラブのほとんどの店には、初回料金というものが存在する。初回数千円程度で2時間ほどを過ごすことができるのだ。なぜこのようなものがあるかというと、その時間で気に入ったホストを見つけてもらうためである。話が合う、ルックスが好み、など、女性がホストの中の誰かに運命を感じたら、次回からは指名客となる。

つまり初回は顔見せ代なのである。このリーズナブルな設定が、外国人女性客にもウケている。観光気分でふらりと立ち寄ることが可能な額だからだ。

女性をだましてホストがお金を巻き上げるというホストクラブのイメージは、いまだに根強いかもしれない。しかし、実際にはそんなところではないことは、何度も通っている私は断言できる。

夜に女性が一人で飲んでくつろぐことができる、数少ない場所なのだ。前述の岳野さんも「男性並みに働いて稼いでいる女性のいこいの場や社交の場になっています」と語る。ホストクラブを接待の場として使う女性社長も年々増えているという。