角幡 唯介(かくはた・ゆうすけ)

角幡 唯介
ノンフィクション作家 探検家
1976年、北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。同大探検部OB。2003年に朝日新聞社に入社。08年に退社。謎の峡谷・チベットのヤル・ツアンポーの未踏破地域の探検を描いた『空白の五マイル』は開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞、梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。ネパール雪男捜索隊の体験記『雪男は向こうからやって来た』は新田次郎文学賞を受賞。他著書、受賞歴多数。小学1年生の愛娘、あおちゃんとの日々を綴った『探検家とペネロペちゃん』も話題に。
  • facebook
  • twitter
  • hatena