木寺 英史(きでら・えいし)

木寺 英史
九州共立大学スポーツ学部 教授

1958年、熊本県生まれ。83年、筑波大学体育専門学群卒業後、福岡県広川町立広川中学校教諭等を経て、91年、国立久留米工業高等専門学校講師、同准教授等を経て2012年より現職。13年、大阪教育大学大学院教育学研究科健康科学専攻修了。なみあし身体研究所/動作改善普及センター代表。「二軸理論」をはじめとした合理的身体操作を提唱し、スポーツや武道において先進的な動作研究者として活躍中。著書に『本当のナンバ 常歩』『間違いだらけのウォーキング 歩き方を変えれば痛みがとれる』など。

  • facebook
  • twitter
  • hatena