一石 英一郎(いちいし・えいいちろう)

一石 英一郎
国際医療福祉大学病院内科学・予防医学センター教授
医学博士。1965年、兵庫県生まれ。京都府立医科大学卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻修了。アメリカがん学会(AACR)の正会員(Active Member)。DNAチップ技術を世界でほぼ初めて臨床医学に応用し、論文を発表した。人工透析患者の血液の遺伝子レベルでの評価法を開発し、国際特許を取得。著書に『日本人の遺伝子』(角川新書)など
  • facebook
  • twitter
  • hatena