【関連記事】
「デジタル庁創設でも期待薄」霞が関のデジタル化が進まない本当の理由
「三越伊勢丹の"余命"はあと2年強」経済アナリストが試算する百貨店4社の末路
2030年代に入っても「EVが主流になることはない」これだけの理由
中国が東南アジアに押し売りする「中国製コロナワクチン」の怪しい背景
「株式市場はすでにバブル」投資のプロが株の儲けでいま買っているモノ